忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショの勉強中。。。

[イラレ]
イラレのスクリプトパネルっぽいやつを更新しました

このブログでひっそり公開していたスクリプトパネルっぽいやつ(Windows用)ですが、作者がCS6オンリー使いなものであまり気にしてなかったけど、複数のバージョンのイラレが混在してて当たり前なCC環境では非常に使いづらいようなのでそのあたりを改善いたしました。それらしい配布ページも作ったぞ。

名前もあらためまして「スクリプト パネル っぽい やつ」を縮めてSppyとしました。ちょっと勇気が足りなくてSPOiにはならなかった。

Sppy for Ai


AutoHotkeyはいいぞー
PR

[イラレ]
フォントパレットのすくりぷと

 
ご覧のようにずらーっとボタンが並んでいて、イラレ上でテキストを選択し、左の小さいボタンを押すと、その右のボタンにフォントの名前が表示され、それがそのフォントを適用するボタンになるというパレットを生成するスクリプトです。


フォントの違う複数のテキストオブジェクトや、テキストオブジェクトを含むグループを選択している場合、一度に複数のフォントを拾えます。
一つのテキストフレーム内で複数のフォントを使ってる場合にそれらを取得するという機能はいまのところありません。1文字目のフォントだけが登録されます。

CS6で開発しています。CCでの動作確認は明日やるつもりですがたぶんボタンの形が違うだけで普通に動いてくれるはず。。

[イラレ]
イラレの画像再リンクをBridgeから行うためのスクリプトをつくったー

せっかく使いたい画像がBridge上で目の前にあるのに、OSのファイル選択ダイアログでちまちまフォルダたどっていって見つけなきゃいけない、みたいなの極力なくしたいよねっていう人のためのBridgeスクリプトを書いてみました。



※CS6@Win7で開発しています。CS5以下では動きません。CCは未知数。

使う準備


①Bridgeを開いて、編集>環境設定からスタートアップスクリプトの『マイスタートアップスクリプトを表示』をクリック

②Startup Scriptsフォルダが開くので、ここに『イラレの選択画像をこれに再リンク.jsx』を置きます

③Bridgeを再起動すると「新しい機能を有効にしますか?」みたいなダイアログが出るのでOKを押します



使い方


①イラレ上で、リンク画像、埋め込み画像、またはそれらをクリッピングマスクしたものを1つだけ選択します

②Bridge上で画像ファイルを選択し、右クリックメニューから『イラレの選択画像をこれに再リンク』を実行します

③イラレ上で画像が置き換わります

[イラレ]
イラレの配置画像用 変形パネルをつくったー


InDesignみたいに現在の変形値を取得したり変更したりできるタイプの変形パネルっぽいものを生成するIllustratorスクリプト(jsxbin)です。
たとえばこんなときに使えます。

・うっかりShift放して変形しちゃったけど縦横比を戻したい
・回転がかかった画像にさらにシアーをかけたい
・回転、シアーの角度を変更したい
・ある画像の変形値を別の画像にも適用したい

※リンク画像または埋め込み画像を選択して使用できます。たとえば「リンク画像を含むクリッピングマスク」を選択しても使用できません。リンク画像をダイレクト選択すれば使えます

※選択物が変更されたときに自動的にパネルの値が変わったりはしないので、いちいち「取得」ボタンを押さなきゃいけません。ある変形値を複数の画像に適用する場合などはかえって便利かも

※単位が表示されませんが、X,Yは%、回転・シアーは度(°)です。単位付き入力はできません


※「270°回転を270°とするか-90°とするか」というような細かい仕様はInDesignの変形パネルを真似してます

※リンク画像を埋め込み画像にするとX,Yのスケールが変わることがありますがイラレの仕様です

5つの「く」

ハタハタのすばらしさをまとめました。