忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショ(CS6 Win)の勉強中。。。(旧まとめいみブログ)

[InDesign]
マウスの中ボタンでいつでも手のひらツール

(2016.07.6)更新
※ここには「Alt+左ドラッグ」と「スペース+左ドラッグ」を選択状態によって使い分けたりするような話が書いてあったのですが、いつでも「Alt+スペース+左ドラッグ」で手のひらツールが使えることをすびさんに教えていただいたので大幅に書き換えました。

※それだけじゃ芸がないので中ダブルクリックで「Ctrl+Alt+0」(スプレッド全体を表示)を送る機能もつけてみました。


以下AHKスクリプトのソース



;中ボタンでいつでも手のひらツール ver2
IdProgId=InDesign.Application
DoubleClickDelay:=300
SetMouseDelay, -1
SetKeyDelay, -1
MButtonDownTime1:=0

#IfWinActive ahk_class indesign

;中ボタン押し下げ
*MButton::
    BlockInput, on
    MButtonDownTime0:=MButtonDownTime1
    MButtonDownTime1:=A_TickCount
    If (MButtonDownTime1-MButtonDownTime0<DoubleClickDelay){
        Send ^!0
        Return
    }
    Send {Blind}{Alt Down}
    Send {Blind}{Space Down}
    Send {Blind}{LButton Down}
    BlockInput, off
Return

;中ボタン押し上げ
*MButton up::
BlockInput, on
    Send {Blind}{LButton Up}
    Send {Blind}{Space Up}
    Send {Blind}{Alt Up}
BlockInput, off
Return


あーとはこれをテキストファイル(UTF-8 BOM付き)で保存してAutoHotkeyで実行するだけで、中ボタンがいつでも使える手のひらツールになります。べんりね~。

※環境によっては
IdProgId=InDesign.Application
のところを
IdProgId=InDesign.Application.CS6_J
PR

[InDesign]
レイアウトグリッドの1文字の大きさをマージンガイドに合わせるスクリプト

InDesignのレイアウトグリッドの文字をでっかくして、1文字だけでマージンガイドに合わせるスクリプトです。表示中の1ページのみが対象になります。

レイアウトグリッドを長方形1つだけにして、マージンガイドの下に隠してしまおうということです。レイアウトグリッドを常に表示しておきたいけど、一部表示したくないページがある場合に使えるかもしれません。それ以外に使い道はありません。
※多段組には対応してません

var page=app.layoutWindows[0].activePage;
app.scriptPreferences.measurementUnit=MeasurementUnits.POINTS;
var pb=page.bounds;
var marginPreference=page.marginPreferences;
var h=pb[2]-pb[0]-marginPreference.bottom-marginPreference.top;
var w=pb[3]-pb[1]-marginPreference.left-marginPreference.right;
var newGData={};
if (w<h){
    newGData.pointSize=w;
    newGData.horizontalScale=100;
    newGData.verticalScale=h/w*100;
} else {
    newGData.pointSize=h;
    newGData.verticalScale=100;
    newGData.horizontalScale=w/h*100;
}
page.gridData.properties=newGData;

[InDesign]
選択キーオブジェクトのレイヤーに他の選択オブジェクトを移動するスクリプト

機能も使い方も記事タイトルで全部説明してしまった気がする…。

複数のページアイテムを選択しているとき、その中からさらに一つ、キーオブジェクトを選択できるというInDesign CS6以降の機能を使うので、それ以前のバージョンでは動きません。

せっかくなので、キーオブジェクトが選ばれてない場合にはダイアログからレイヤーを選択して移動する機能をつけました。スクリプトをキーボードショートカットに登録して使うなら、できるだけ似た機能のスクリプトは統合しておきたいものです。

[ダウンロード]

[InDesign]
InDesignで文字組みアキ量設定を編集するのにウンザリした人のためのスクリプト

ver1.0 →ver1.01 元にする文字組みアキ量が『なし』のとき、隠しアキ量になってしまう問題を修正
※ver1.0は『なし』を元に作った文字組みアキ量に対して使用しないでください

(2015.11.20) ver1.01→ver1.2 いちいちダイアログを閉じないで設定を更新できるようにした

(2015.11.23)『アキ量設定を新規作成して編集.jsx』を同梱しました。
テキストを選択して実行すると、適用されているアキ量設定をコピーして新たなアキ量設定を作成し、選択テキストに適用し、同じフォルダ内にある『アキ量かきかえ1_2.jsx』を実行します。

(2015.11.25) ver1.2→1.3
『更新』または『OK』ボタンを押したとき、選択テキストを含む段落には、新しいアキ量設定が即座に反映されるようにした…つもりなのですが、環境によってはならないかもしれません。
・『現在の値に加算』を使ってるとたまに9.999999999とか10.0000000001とかが発生する問題を修正。
※ver1.2から、ダイアログ内をTabキーで移動しようとしても移動できず、かわりにInDesign上にタブが入力されてしまうようです。ご注意ください



表題のとおりウンザリした人向けのスクリプトなのですが、実際にInDesignの文字組みアキ量設定ダイアログを使ってみれば、どなたでもウンザリできるのではないかと思います。

なにしろInDesignでは文字クラスが26種(行頭・行末は1種とみなす)ありまして、設定箇所はその二乗の676から[段落先頭→行末]など不要な組み合わせを引いて648箇所、それぞれに最小値、最適値、最大値、優先度があって計2592箇所。それを一個一個クリックしてキーボード叩いていかなきゃいけないわけですから(『始め括弧類』などで多少簡略化できます)。ちゃんと方針を定めて作れる人なら一晩でできる程度のものなのかもしれないですが、とても『試行錯誤しながら』は無理。やってらんない。

てなわけでもっと効率よく設定変更できるようなダイアログをスクリプトで作ってみました。例によって動作確認したのはCS6@WinだけですがCS4以上なら動くかも。コードは一部除いてバイナリ化してますのでスクリプト書く人の参考にはならんです。

使い方

プリセット以外の文字組アキ量が適用されたテキストを選択して実行すると、↓のようなダイアログが出ます。

1.設定箇所の指定

まずダイアログの左半分で前の文字クラスと後の文字クラスを指定して、アキを設定する箇所を決めます。複数選択可能なので、たとえば前の文字で3つ、後の文字で4つのチェックを入れると3×4=12箇所を一度に設定できることになります。

また、事前に定義した『文字クラスグループ』を使って、一度に複数のチェックを入れることもできます。本家アキ量設定ダイアログにある『始め括弧類』みたいなものです。

2.最小値・最適値・最大値・優先度の設定

右半分の上の段、編集不可能なテキストボックスに、現在の値が表示されます。設定が混在している場合は(混在)と表示されます。『50%(混在)』のように表示されるのは、『混在しているが、直前にチェックを入れた箇所については50%である』という意味です。
下段の編集可能なテキストボックスの方に新しい値を入力します。空欄にすると、そこは現在の値が維持されます。

3.オプション

『条件を指定』をONにすると、その下の4つのテキストボックスが入力可能になります。値を入力すると、最小値・最適値・最大値・優先度の現在の値が条件に一致する所だけ、設定を変更するようになります。空欄は無視されます。

『現在の値に加算』にONにすると、現在の値に入力した値を加えたもの新しい値とします。

『設定後に全ストーリーの再計算を実行』ONにすると、設定後に『全ストーリーの再計算』(Ctrl+Alt+/)コマンドを実行します。これをやらないと新しい設定は既存のテキストに反映されません。

プロフィール

あるふぁ(仮)
InDesignで新聞組版のようなことをしてる人です。

InDesignスクリプトについて

つくったInDesignスクリプトのまとめ

twitter

5つの「く」

ハタハタのすばらしさをまとめました。