忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショ(CS6 Win)の勉強中。。。(旧まとめいみブログ)

[InDesign]
InDesignのパスでフラクタルを描いてみた

そもそもパス(ベクタ画像)自体がフラクタルと相性悪いのに、何かしらのデザインに活用できる可能性のあるイラレですらなく、InDesignで作ってしまうというアホなことをやっとります。


「どこまで拡大しても滑らか」なのがベクタ画像のよいところですが、
フラクタルとは「どこまで拡大してもぐちゃぐちゃ」な図形のことです。
ぐちゃぐちゃさがいくら拡大しても変化しないというか。

自然界ではブラウン運動の軌跡とか、海岸線なんかがフラクタル的だと言われます。
一定の規則によって数学的に定義されたフラクタルは自己相似性(全体と部分が相似)があり、単純な規則からいろんな複雑な形ができて面白いのです。


ダウンロード

[いんででフラクタル]

さてこちらのスクリプトでは、ある開いたパス(パスAとします)を選択して実行すると、パスA内のそれぞれのセグメント(線分)の位置に、『パスAを相似変形して、始点と終点がそのセグメントと一致するようにしたもの』を配置します。それらを接続して一つのパスとし、また同じことを繰り返します。

これを無限に繰り返せば、フラクタルになるか、もしくは発散することになるのですが、実際にはアンカーポイントが5万個を超える前に停止するようにしてます。

※全ての頂点がコーナーポイント(ハンドルが出てない頂点)のパスでしか動作しません。曲線使ってるパスはダメってことね。
※発散しないためには、すべてのセグメントの長さが、パスの始点と終点の距離より短いことが必要です。

使用例

・有名なコッホ曲線

・C曲線などと呼ばれてるやつ

・シェルピンスキーの三角形

・なんか


一つのつながったパスになってるので、テキストパスにして文章を流しこむこともできます。意味は無いですが。



このスクリプトではパスの相似変形に回転・拡縮・平行移動しか使ってませんが、この手のフラクタルはもう一個『反転』を加えることで、できる図形のバリエーションが増えます(こんなのとか)。興味出た人(いないよね)はスクリプトいじって作ってみよう!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

あるふぁ(仮)
InDesignで新聞組版のようなことをしてる人です。

InDesignスクリプトについて

つくったInDesignスクリプトのまとめ

twitter

フリーエリア