忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショ(CS6 Win)の勉強中。。。(旧まとめいみブログ)

[イラレ]
イラレの配置画像用 変形パネルをつくったー


InDesignみたいに現在の変形値を取得したり変更したりできるタイプの変形パネルっぽいものを生成するIllustratorスクリプト(jsxbin)です。
たとえばこんなときに使えます。

・うっかりShift放して変形しちゃったけど縦横比を戻したい
・回転がかかった画像にさらにシアーをかけたい
・回転、シアーの角度を変更したい
・ある画像の変形値を別の画像にも適用したい

※リンク画像または埋め込み画像を選択して使用できます。たとえば「リンク画像を含むクリッピングマスク」を選択しても使用できません。リンク画像をダイレクト選択すれば使えます

※選択物が変更されたときに自動的にパネルの値が変わったりはしないので、いちいち「取得」ボタンを押さなきゃいけません。ある変形値を複数の画像に適用する場合などはかえって便利かも

※単位が表示されませんが、X,Yは%、回転・シアーは度(°)です。単位付き入力はできません


※「270°回転を270°とするか-90°とするか」というような細かい仕様はInDesignの変形パネルを真似してます

※リンク画像を埋め込み画像にするとX,Yのスケールが変わることがありますがイラレの仕様です
PR

[InDesign]
ツイッターに書いた小ネタを振り返ってみる InDesignスクリプト編

超絶便利なスクリプトです。私はShift+Zという打ちやすいショートカットキーを登録して頻繁に使ってます。
CS5あたりでInDesignのDOMが変更されて、pageItemの親がページじゃなくスプレッドになったことで動かなくなってますが、少しの修正で動きます。

[InDesign]
ツイッターに書いた小ネタを振り返ってみる ExtendScript編

これESTKのインストールフォルダ内にあるjsxを眺めてて気づいたんですけど、JavaScript Tools Guideの23ページにもちゃんと書いてありました。
ScriptUIとかBridgeTalkに使うと便利そう。



少なくともCS6では、ScriptUIのListBoxはWindows8.1およびWindows10でまともに機能しません。ListBox使ったスクリプトを配布なさる方はご注意。

[InDesign]
ツイッターに書いた小ネタを振り返ってみる InDesign編


1年ちょい前の私によると、回り込みありのアンカー付きオブジェクトのある段落は、たとえ段落コンポーザーに設定されていたとしても単数行コンポーザーで処理されるそうです。なぜでしょうか。

アンカー付きオブジェクトに回り込みを設定しても、アンカーより前の部分のテキストは回り込みません。これは、もし回り込んでしまったら、それによってアンカーが動く→アンカー付きオブジェクトが動く→回り込みの範囲が変わってテキストが動く→アンカーが動くという無限ループにおちいってしまうからと考えられます。

同じように、アンカーのある行の、アンカーより後ろの部分も回りこみが効きません。ここもテキストが動くと、ジャスティファイや追い込み処理などの影響でアンカーが動く可能性がありますからね。

さらに段落コンポーザーであれば、アンカーのある行より後の行が動いてもアンカーを動かす可能性があります。しかし回り込みはアンカーより後の行には効く。これはどうなってんだろうと調べたところ、勝手に単数行コンポーザーにしてるっぽいことが分かったのでした。

(にしても「アンカーのある行の、アンカーより後ろの部分」については回りこんでもいいと思う。たとえばアンカーより前の部分を上揃え、アキ量最適値固定とすればアンカーは動かなくできる。実際「ここまでインデント文字」ではそういうことをやっている)

プロフィール

あるふぁ(仮)
InDesignで新聞組版のようなことをしてる人です。

InDesignスクリプトについて

つくったInDesignスクリプトのまとめ

twitter

5つの「く」

ハタハタのすばらしさをまとめました。