忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショ(CS6 Win)の勉強中。。。(旧まとめいみブログ)

[InDesign]
フレームグリッドの行/字送りの分だけページアイテムを移動させるスクリプト

複数のページアイテムを選択しているとき、その中からさらに一つ、キーオブジェクトを選択できるというInDesign CS6以降の機能を使います。
フレームグリッドがキーオブジェクトとして選択されている場合、その行送りや字送りの分だけ、キーオブジェクト以外の選択されているオブジェクトを上下左右に移動させるというスクリプトです。

つまりはAJABONさんの『ギョギョモジャー』のようなことが、CS6以降かつフレームグリッド限定だけども、もっとお手軽にできるんじゃないかと書いてみたものです。


『字・行送り分上にずらす.jsx』、『字・行送り分左にずらす.jsx』、『字・行送り分下にずらす.jsx』、『字・行送り分右にずらす.jsx』の4点セットとなっております。
ずらす方向とフレームグリッドの組み方向に応じて、字送り分ずらすか行送り分ずらすか自動判別します。


『フレームグリッドがキーオブジェクトとして選択されている』という条件を満たさない場合、InDesignに標準の機能として備わってる『右にずらす』等(環境設定>単位と増減値で設定した量だけ移動させる)を実行するようになってます。標準の『右にずらす』等に成り代わって、キーボードショートカットの矢印キーに登録して使用することを想定した仕様です。

ついでに

ついでにテキストフレームorフレームグリッドの1段分(段間含む)ほど移動させるスクリプトも作りました。こちらはキーボードショートカットの[Shift+矢印キー]に登録して使用することを想定し、キーオブジェクトがテキストフレームじゃない場合は『10倍ずらす』を実行するようにしてます。非フレームグリッドのテキストフレームにも使えます。

ダウンロード

[ダウンロード]

ちゅうい

・回転したフレームグリッドおよびスプレッドビュー回転には対応してません。
・標準の『右にずらす』等よりも若干重いです。若干ですけど、矢印キーは頻繁に連打で使用したりもするのでその重さが許容できないかも…。やっぱり矢印キーのキーボードショートカットはデフォルトのままにしといて、[Shift+矢印キー]と[Ctrl+Shift+矢印キー]を使うべきかなあ
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

あるふぁ(仮)
InDesignで新聞組版のようなことをしてる人です。

InDesignスクリプトについて

つくったInDesignスクリプトのまとめ

twitter

フリーエリア