忍者ブログ

ぼんぷろぐ

InDesign、イラレ、フォトショ(CS6 Win)の勉強中。。。(旧まとめいみブログ)

[イラレ]
AutoHotkeyでイラレのスクリプトにショートカットキーを割り当ててみる(1)

※昨日ぐぐって見つけたばかりのソフトについて知ったようなことを書きますのであまりあてにしないでね

AutoHotkeyは、独自の言語で記述したスクリプトに従って、特定のキーが押された時などに様々な処理を自動実行できるWindows用のフリーソフトです。wikiなどには、AutoHotkeyとAutoHotkey_Lを区別して書いてあるのですが、現在は統合されているようです。最新版のAutoHotkeyをインストールすればAutoHotkey_Lの機能も使えます。

AutoHotkey(公式、英語)
AutoHotkey Wiki(日本語Wiki)

マイドキュメントにAutohotkey.ahkという名前のスクリプトを記述したファイルを置いて、AutoHotkey.exeを起動するというのが基本的な使い方になります。スクリプトを更新したら、タスクトレイの「H」アイコンを右クリックして「Reload This Script」を選びます。

ではではイラレスクリプト(jsx)をキーボードショートカットで実行するスクリプトを書いてみましょう。
PR

[InDesign]
レイアウトグリッドの1文字の大きさをマージンガイドに合わせるスクリプト

InDesignのレイアウトグリッドの文字をでっかくして、1文字だけでマージンガイドに合わせるスクリプトです。表示中の1ページのみが対象になります。

レイアウトグリッドを長方形1つだけにして、マージンガイドの下に隠してしまおうということです。レイアウトグリッドを常に表示しておきたいけど、一部表示したくないページがある場合に使えるかもしれません。それ以外に使い道はありません。
※多段組には対応してません

var page=app.layoutWindows[0].activePage;
app.scriptPreferences.measurementUnit=MeasurementUnits.POINTS;
var pb=page.bounds;
var marginPreference=page.marginPreferences;
var h=pb[2]-pb[0]-marginPreference.bottom-marginPreference.top;
var w=pb[3]-pb[1]-marginPreference.left-marginPreference.right;
var newGData={};
if (w<h){
    newGData.pointSize=w;
    newGData.horizontalScale=100;
    newGData.verticalScale=h/w*100;
} else {
    newGData.pointSize=h;
    newGData.verticalScale=100;
    newGData.horizontalScale=w/h*100;
}
page.gridData.properties=newGData;

[InDesign]
選択キーオブジェクトのレイヤーに他の選択オブジェクトを移動するスクリプト

機能も使い方も記事タイトルで全部説明してしまった気がする…。

複数のページアイテムを選択しているとき、その中からさらに一つ、キーオブジェクトを選択できるというInDesign CS6以降の機能を使うので、それ以前のバージョンでは動きません。

せっかくなので、キーオブジェクトが選ばれてない場合にはダイアログからレイヤーを選択して移動する機能をつけました。スクリプトをキーボードショートカットに登録して使うなら、できるだけ似た機能のスクリプトは統合しておきたいものです。

[ダウンロード]

[イラレ]
イラレのアピアランスで水平シアーを作るスクリプト

(2016.01.28) 垂直シアーに対応しました!




アピアランスの効果をスクリプトから適用する方法が解明された!(参考:IllustratorのLiveEffectメソッドがなんとかなった! - 手抜きLab@DTPの現場)ので、以前に作ったアピアランスの『変形』2つで水平シアーを作るための値を計算するツールをイラレスクリプトにしました。

使い方は、効果を適用したいアイテムを選択してスクリプトを実行→ダイアログに角度を入力するだけ。相変わらず45°以上に対応してません。

[ダウンロード]


ところで効果がスクリプトから適用できるようになった件ですが、この恩恵として、今までしょぼいUIをつっつくしかなかった『パスの自由変形』が、具体的な数値で作れるようになったんですよね。
まだじっくり試してはないのですが、シアーなんかもそっちで作ったほうが扱いやすそう。ただパスの自由変形で作ったシアーは適用するモノの縦横比によって角度が変わってくるので、これとどっちを使うかは場合によりけりです。

プロフィール

あるふぁ(仮)
InDesignで新聞組版のようなことをしてる人です。

InDesignスクリプトについて

つくったInDesignスクリプトのまとめ

twitter

5つの「く」

ハタハタのすばらしさをまとめました。